fc2ブログ

10秒間の通話

10秒間の通話
関連トップへ


A保険会社との裁判の状況が、柳原三佳氏から入ってきました。
今の状況では契約者側(以後原告という)が、敗訴になりそうだという事です。
耳を疑いもう一度聞き直しましたが、間違いなく原告が、敗訴になりそうだという事です。

だけど、A保険会社は手続きミスを認め、契約始期日に遡って、追加保険料の徴収までしていた筈なのに。
領収書は保険会社にだまし取られたものの、そのコピーは持っていると聞いている。

ところが東京地裁の裁判官は、あくまでも保険金を請求する側が、車両の変更を通知あるいは告知したという、立証が必要という考えのようです。
つまり亡くなった契約者か遺族に立証しろと、事実上不可能な事を迫っているようです。

確かに立証責任は原則的に、請求する側が負わされて然るべきです。
車が替わった時点での通知義務、そして継続契約の時の告知義務、しかしこの契約者の義務だけに立証を求めるのは間違いだと思うのです。

何故なら、この継続契約は電話による募集のようですが、8月8日に車を買い替えた契約者が、仮に通知を忘れていたにしろ、代理店の証言通り9月29日に電話で継続契約の内容を確認された時、車は変わっていないと、不実の事を言うでしょうか?

そもそも9月29日に確認は取ったのかも不明だ、という原告の反論に、代理店側が確認を取った証拠として、NTTの通話記録を提出して来たそうです。

びっくりです、何と通話時間は10秒間。
これで車の入れ替えのない事を、確認したと言っているそうです。

その短さで、確認など取れるわけがないという、原告の反論には、A保険会社の代わりに裁判官が、出来ないと決めつける証拠はないと、10秒間の確認を容認する姿勢のようです。

10秒間、代理店でなくても解ります、自分の名乗りをし、挨拶し、相手を確認し、この辺迄で、10秒は経ってしまいます。
それ以外に10秒で出来る事は、留守番メッセージに、電話を下さいと入れる事ぐらいです。
本人と電話で確認するには、10秒では無理な事は明白です。

こんな事も解らない裁判官を味方につけて、A保険会社は図に乗って、【11月15日付で
ミスを認めた事】が事務処理ミスだった。
つまり、間違いがあったと言った事が、間違いだったという事です。

その事については、期待を持たせるなど迷惑をかけた、その慰謝料として1,000万円払うと、盗人猛々しく居直ったようです。

A保険会社の代理人に変身した裁判官、【せっかく1,000万円払うと言っているのだから、その金額で和解したらどうか?】と和解勧告して来る始末。

当然原告は拒否しましたので、審理は続きますが、このままでいくと、
原告の請求を棄却する という判決が濃厚です。

怒りで体が震える、まさにそんな感じです。
恥知らずなA保険会社と代理店、法律知識はあっても、社会が解らない裁判官。

このままでいい筈はありません。
皆さん、どうか応援して下さい。
特に代協会員の皆さん、お客様本位を唱えるなら、この事実から目を反らさないで下さい。

         時系列
      あいおいとの交渉時系列

    続き
            応援クリックよろしく
     人気ブログランキング  にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ


           

comment

Secret

人身交通傷害の廃止はショック

はじめまして、こんにちは。
最近このブログを見つけました(超保険 抜本で検索)。
お忙しいでしょうに、充実した内容には脱帽です。
神奈川で代理店(損保のみ)をしている者です。
現在は専属で、貴店と同じ会社です。
T社のHPで、貴店のHP(公式&オリジナル)を見つけました。
あちらからは(一方通行ですが)リンクされていますね。

TNetで'10年7月自動車改定の要綱を見ました。
各種ありますが、人身交通傷害の廃止はショックです。
代替商品(抜本傷害?)はあるのでしょうか?
ちなみに、超保険の団体扱ってできる様になると思います?
抜本超保険にT/A組込だそうですが、
車対車でも当て逃げ補償の件も、無くなるのでしょうか?

不躾な文章で失礼しました。

まだ良く見ていませんが

i-mondさん、コメントありがとうございます。
確か今日T-netで公開されたのですよね。
人身交通傷害の廃止は、全く逆にとらえていました。
新傷害保険にまとめる事で、改めて交通傷害担保は特約ではなく内包されたという解釈をしていましたから。
当て逃げの件は、抜本超でも維持すると書いてますよ、確か。
ま、今日の公開ですから、段々と実態が見えてくると思います。
このブログあいおいの件、皆に広めて下さい。皆が知らない事には、あいおいは、ますます図に乗るでしょう。

追伸

追伸

そちらの支社は、中央が付く方でしょうか? 付かない方でしょうか?
うちの支社長は、昨年7月にそちら(中央が付く方)から、
赴任されました。

「事故の際にゴールド免許じゃなかった」件は、
私もH19年にやってしまいました。
更新の際にも事故の際にもTELで確認し、
手元で免許を見て頂いても「ゴールドだよ」の一言。
TELで事故受付・初動対応・報告の翌日、ご自宅(現場にも)訪問し、
念のため免許を見せて頂いたら、「ゴールドだよ」と言って、
「ブルー」の免許を出してくださいました。
3年がブルー、5年がゴールドと、思い込んでいたとのこと。
ただ、その時の社員は親切で、過去に遡っての訂正・追徴のみで、
示談・保険金支払も無事終了、代理店へのペナルティもゼロ。
契約内容確認・是正の期間中だったのが、幸いしたようです。
その後は、TELの場合でも、
「有効期限の帯が金色で、優良の印字がありますね?」
と念入りに確認しています。
最近の免許から本籍の印字が無くなり、楽になりましたね。

奇遇ですね

中央の付く方です。ブログの人事異動は彼の事です。
立場の違いはありましたが、結構飲みましたよ。
本当にいい人間です。よろしくお伝えください。
ついでに、前回はフラレタけど、3月20日ごろまた来ると言っていたとお伝え下さい。

ご返信の御礼

保険職人さま

早速のご返信ありがとうございます。
A社ってあ○○いなんですか?
てっきりA○Uと思っておりました。

実は弊店はND社が代申、TN社が乗合でしたが、
一昨年にND社を解約、TN社専属となりました。
その後ND社は、MS社・A社と経営統合を発表、
MS&AD・NKSJとも、今年4月の経営統合の破談は無さそうです。
TN社の抜本と、A社とND社の合併の両方には、耐えられそうに
ありませんでした(小さな代理店を2つ経営しているようなもの)。

今年10月の(半年延期になった)A社とND社の合併ですが、
全く実体像が見えてきません。
A社の、ディーラー以外の代理店さんは、それはそれは大変そうで、
手数料Pでも、損害認定・支払でも、大変な話を伝え聞きます。
ND社の旧知の代理店さんとは「合併して本当に大丈夫だろうか?」
と話しております。

直接A社の代理店さんとお付き合いが無く、
具体的には動けませんが、今後もブログを拝見させて頂きます。
皆様のご健康とご発展をお祈りしております。

Aだけでなく代理店全部に

あいおいの、計算の一つに、それほど社会的には知れ渡っていないという読みがある事は間違いありません。
それには一人でも多くの人がこの事実を知っているんだぞ、というプレッシャーが必要です。
これを見殺しにしたら、お客様本位が泣きます。
あいおいに限らず、一人にでも多く、お願いします。

伝言の件

"彼"へのご伝言の件ですが、迷いましたが、
会社に把握されても問題ない内容のようでしたので、
先程、以下の通り、TNetメールで"彼"宛て送信しました。
代理店名とご芳名を書いてしまいましたが、大丈夫ですよね?
明日、代理店会に伺うので、一言添えておきます。

>さて、TNetメールを使ってしまい、誠に恐縮ですが、
>"彼"様の前任地・○○中央支社所属の、"保険職人"事務所の
>"保険職人"様から、以下の通り、ご伝言を頼まれてしまいました。

>「【前回はフラレタけど、3月20日ごろまた来る】
> と言っていたとお伝え下さい」とのこと。

>"保険職人"様は、弊店および私のことはご存知ないのですが、
>"保険職人"様のブログに、私がコメントを投稿し、
>○○地域で○社の代理店をやっている、と書いたところ、
>上記のご伝言を頼まれてしまった次第です。

TNetメールの裏技?ですが、転出された後もメール可能です。
在籍中に「アドレス帳に登録」すると、転任されても、
メールを送ると転任地に届きます(退社は無効アドレスとなる)。
転任者のメールの保存があれば、
転任後でも「アドレス帳に登録」が可能です。
こちらからは、所属課支社の社員と、アドレス帳記載者にしか、
送信できませんが、向こうから空メールを送ってくれさえすれば、
全社員・役員に返信できます。

今年度から極端に営業にシフトし、支社は凄い状況です。
恐れ入りますが、今後は直接ご連絡をお取りくださいますよう、
お願い申し上げます。

お手間とらせました

伝言して頂き、ありがとうございます。
これからも、意見交換よろしくお願いいたします。

"彼"からご返信

"彼"からご返信のTNetメールを頂きました。以下に引用します。

>驚きました!i-mondが"保険職人"様のブログに投稿されていたのですね。
>"保険職人"様とは"前任地"時代に本当に懇意にさせて頂きました。
>私から"保険職人"様に連絡を入れておきます。ありがとうございました。

私→"彼"への御礼のTNet返信メールも、以下に引用します。

>"彼"様ご多忙の中、ご返信ありがとうございました。
>"保険職人"様からのご伝言の追伸を、以下に"そのまま"引用します。

>【立場の違いはありましたが、結構飲みましたよ。
> 本当にいい人間です。よろしくお伝えください】とのこと。
プロフィール

hokensyokunin

Author:hokensyokunin
性格:頑固・おせっかい・正義派
趣味:長距離ドライブ・トレッキング

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご連絡はこちらから
感想をお寄せ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード